しつけの問題

犬の多頭飼いで先住犬を怒らせる原因と対策

新しい家族としてパピーを迎え入れたとき、先住犬が子犬に対して攻撃的になり困りました。まだ小さい子に唸ったり吠えたり、時には牙を向けたこともあります。いくら先住犬を注意しても止めるどころか、ひどくなりました。

多頭飼いで先住犬からパピーに対する攻撃を解決した方法

犬の多頭飼いで先住犬のパピーに対する怒りを抑える方法

飼い主が、何事に対しても、先住犬を優先することにしました。

犬は群で生活します。群にはリーダーがいて、その他の犬たちには順位が付いています。人間社会でいうと、群は家族、リーダーは飼い主になり、犬たちは群である家族を常に観察して順位を付けています。群の一員が増えることによって、先住犬である先輩犬は、自分の順位が新入りよりも低くなってしまうことに恐怖を感じます。犬にとっては死活問題なのです。

それを回避するためには、リーダーである飼い主は、先に群にいた犬を優先します。食餌を与えるのも先、散歩のときに付けるリードも先、なでるのも先、という具合に、先住犬を優先させることによって、犬同士の順位を明確にします。そうすることで、先輩犬は新入り犬に攻撃的にならず、良い関係を築ける第一歩になるのです。

犬が唸る理由を知りたい
犬は唸ることで伝えたい!噛まれる前に唸りを止める方法とは

先住犬がパピーに攻撃するようになった原因

パピーを迎え入れたとき、家で子犬中心の生活になってしまったことが原因と考えます。

子犬は居るだけで可愛い存在です。おぼつかない足取りで足元に寄り付いてきたり、元気いっぱいに走り回って遊んだり、寝ているだけでも愛らしく、家族中みんなが癒されて夢中になってしまいます。しかし、その光景を見ている先輩犬の気持ちといったら‥‥。穏やかではありませんよね。「自分は用無し?」「捨てられてしまうかも?」といったところでしょうか。

飼い主からすると、同じように可愛い存在の犬たちです。しかし先住犬にとって、飼い主の行動が自分の立場を大きく変えてしまい、さらには新参者を排除するような攻撃的な行動をするようになってしまうのです。

先住犬が新入の子犬に攻撃しやすくなる状況

新しい子犬を迎えるときというのは、たいてい先住犬のしつけがひと段落して、余裕がある状況だと考えます。反対に子犬は手がかかり、お世話することがたくさんあります。食餌の世話、いたずらした後の片付け、排泄もまだまだ失敗する時期です。声をかけたり触ったりと、自然と子犬とのコミュニケーションを取る機会が増えて、先住犬は後回しになったり一緒にいる時間が減ってしまいます。このような状況のときに起こりやすいです。

多頭飼いについて飼い主としての反省点や注意点

犬の特性を理解すれば解決できる問題です。

私は知識もないなか、はじめて犬を飼い、縁あって2匹目を家族として迎え入れました。久しぶりの子犬の可愛さに家族みんながメロメロになり、生活の中心が子犬になりました。まだミルクを与えなければならないくらい小さな子だったので、家では常に人が側にいてお世話をしている状況でした。そうなると先住犬は後回しになってしまい、子犬優先になってしまいます。犬はちゃんと人間の行動を見ていて、自分の順位を判定しているのです。

注意すべきは、犬に対してどんな小さな行動であっても、先住犬を優先するということです。これは、年齢、性別、犬種に関係なく、家族になった順であるということです。

初めて犬を飼うには?子供のいる家庭で犬を飼うメリットや注意点を説明しています
初めて犬を飼うには?子供のいる家庭で犬を飼うメリットや注意点

まとめとアドバイス

多頭飼いをするときに、家族はどのようなことに注意して、犬たちと接すればよいか。

群で生活する犬にとって、新しく仲間に加わってきた子犬が、自分にとってどんな存在になるか未知数です。はじめは様子をうかがい、匂いを嗅いで何者かを探りますが、すべてはリーダーである飼い主によって決められます。このことから、犬同士の関係をうまくいかせるには、飼い主は全てのことにおいて先住犬を優先しなければなりません。食餌をもらえる順番、散歩に行くとき先に玄関を出るのはどちらか、名前はどちらから先に呼ばれるか、などなど、事細かなところまでしっかり見ています。

犬種、性別、性格によって多少違いはあるが、共通して言えることは、家庭内の順位を明確にしてあげることで、犬たちは安心して生活でき、家が居心地の良い場所になるということです。

犬の知恵袋
犬の知恵袋

-しつけの問題
-, , ,

© 2020 犬の知恵袋

愛犬が全然言うこと聞いてくれない...
しつけの解決方法はこちら
思うようにしつけができない...
月1,000円以下でできる解決法