暮らし

犬と一人暮らしを始めよう!一人暮らし女性が犬を飼う方法

ただいま~」に出迎えのない一人暮らし生活はちょっと寂しいかも。

もし犬を飼ったら癒されそう!でも一人暮らしで犬は飼えるの?と、犬を飼うことを検討中の一人暮らしの方もいらっしゃるのでは。

一人暮らしで犬を飼ったら、「ただいま~」のときに犬が出迎えてくれそうですよね。

犬のいる一人暮らしの生活はどのような感じなのでしょうか。

犬を飼うためには、必要な費用や時間、注意すること、そして心構えなどを知っておく必要があります。

ここでは、一人暮らしで犬を飼うことについてご紹介していきます。

この記事でわかること

  • 犬は一人暮らしでも飼える
  • 一人暮らし女性が犬を飼うための準備
  • 犬との一人暮らしが幸せな理由

犬を飼うと一人暮らしの生活はこうなる!

犬との一人暮らしは「おかえり!」で迎えてくれます

犬を飼うと、命を預かる飼い主の責任から「できなくなること」や「気を付けなければならないこと」など大変なことはたくさんありますが、それ以上に飼い主さんに幸福感をもたらしてくれます。「おかえり!」と帰宅を歓迎してくれる姿や一緒に過ごせる時間のことを想像するだけでも楽しいイメージがたくさん湧いてくるのではないでしょうか?

犬を飼うと飼い主さんの生活はどのように変わるのでしょうか。

ちょっとイメージしてみましょう。

生活にリズムができる

犬と生活をすると、食事トイレの世話散歩など毎日犬のために必ずするべきことがあり、不規則な生活はしていられませんね。

飼い主さんの中には、同僚と飲みに行く回数が減ったという方や、残業続きの毎日だったのに犬との生活のために定時帰宅にしたという方もいます。

飲み会に参加したとしてもだらだら飲み続けず早く帰ってきたり、犬と散歩に行くことで日ごろの運動不足解消にもつながるでしょう。

休日に家でゴロゴロ・・ということもなくなるのではないでしょうか?

犬を飼うと一人暮らしの生活リズムが規則正しくなることが多く、また犬のお世話のために自然と自分の健康管理をするようになりますよ。

とにかく犬に癒される

一人暮らしは自由である反面、やはり寂しいこともありますよね。

そんなとき犬は癒しになってくれます。

言葉は話せませんが、犬は飼い主さんの話に耳を傾けています。

そして、犬や猫などの動物がそばにいるとリラックス効果があることがわかっています。

仕事でどんなに疲れて帰ってきても、犬の存在に癒されて明日への活力になりますよ

犬が人間関係を豊かにする

人とのコミュニケーションが苦手でも、犬の話題がきっかけで会話がはずむことがあります。

スマホで犬の写真を見せるとさらに話が盛り上がるのではないでしょうか。

また散歩のときに飼い主さん同士が知り合い、話をすることもあるでしょう。

もしかしたら犬がきっかけでいいご縁に巡り合うかもしれませんよ

犬は一人暮らし女性のパートナーに

何かと心細くなりがちな女性の一人暮らしですが、犬がいればそんな気持ちもなくなりますね。

犬は人間よりも何倍も耳がいいので、ちょっとした物音にも敏感に反応します。

特に夜などは安心して眠れるのではないでしょうか。

一人暮らしで犬を飼う心構え

犬を飼うと癒されるなどのメリットがありますが、飼う前に必ず知っておいてほしい「飼い主さんとしての心構え」があります。

犬に限らず、どんな動物でも命ある生き物です。

ペットとして飼うからには、毎日のお世話など、きちんと面倒をみる責任があります

一度飼ったら面倒をみるのは飼い主さんですので、愛情をもって最後まで責任を持ち、犬のお世話をしてくださいね。

一人暮らしで犬を飼うために必要なこと

一人暮らしで犬を飼うためには準備が必要

犬を飼うには、「これだけは」という条件がありますね。責任を持って犬を飼うならお金や住居のことだけでなく、犬の知識や緊急時に頼れる人が居るかどうかなども考えておかなければなりません。

特に一人暮らしの場合は、環境以外にも外出中の時間に犬をどうするかなども考えたうえで準備をしていくことが大切です。

一人暮らしの場合は次のような条件を満たす必要があります。

犬と暮らす部屋

賃貸のマンションやアパートでは、ペット入居可の部屋であることは大前提ですね。

ただしペット可の物件でも、近隣すべてが犬OKとは限りませんので、トラブルにならないようにご近所に犬を飼うことを伝えておくのもおすすめです。

また犬を飼うとなると、部屋の中にトイレケージに加え、遊ぶためのスペースが必要になります。

犬を養う経済力

毎日の食事代おやつ代トイレシート代はもちろん、初めて飼うのであれば首輪リードケージなども購入しなければいけません。

ワクチン接種代のほか、病気になったら治療費、サロンに行くならトリミング代もかかります。

毎日の費用に加えて急な出費のために、ある程度の貯金があると安心ですね。

犬のしつけ

犬を飼うなら、最低限のしつけをする必要があります。

犬のしつけは早いほうがよいとされていますが、しつけをするには時間がかかります。

快適な生活のために、また犬の安全のためにも、根気強く繰り返ししつけをしていきましょう。

一人暮らしで犬を飼うときは留守番が多くなりやすいので、トイレのしつけに加えて、無駄吠えしないようにしつけるといいですよ。(関連記事→犬にコマンドを教えたい!しつけに困ったときの裏技とコマンド習得のメリット

犬との散歩

犬種によって運動量は異なりますが、犬を飼うなら毎日の散歩はかかせませんね。

どんな犬でも外の空気に触れさせ、走らせてあげないとストレスがたまってしまいます。(関連記事→犬は唸ることで伝えたい!噛まれる前に唸りを止める方法とは

犬と暮らし始めると少々の雨でも散歩に連れて行ってあげるぐらいの気持ちが必要です。

犬の健康管理だけでなく飼い主さんの運動にもなりますので、可能な限り毎日散歩に連れて行きましょう

もしものときの預け先

一人暮らしで犬を飼う場合、犬には飼い主さんだけが頼りです。

長期の出張や旅行で不在にする場合はペットホテルなどを利用する方が多いですね。

でも万が一に備えて、犬の面倒を見てくれる親族や友人を探しておくことをおすすめします

犬を飼いたい一人暮らしの女性の不安を解消する方法

犬と一人暮らしをするときに頼れる人が必要です

犬を飼いたいけれど、一人暮らしでは心配なこともありますよね。犬好きが犬を飼うときには「ちゃんと準備をしてから」と思うことが多いので、飼いたいという気持ちだけで飼う人はあまり居ないと思います。

本当に飼っても大丈夫だろうか?」と最後まで慎重になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、そのような不安の解消方法についていくつかご紹介していきます。

留守番はかわいそう?

在宅の仕事でなければ、飼い主さんの仕事中は犬に留守番させることになりますね。

水と食事を用意し、トイレのしつけや無駄吠えしないことを教えておけば、犬はちゃんと留守番できますよ

ただ、どちらかというと留守番が苦にならない猫と違い、犬は集団生活を好む動物です。

仕事が長引きそうなときはペットホテルを利用するなど、極端に長時間一人ぼっちにしないようにして、時間のあるときはできる限り相手をしてあげてくださいね。

仕事中に犬の様子が気になる!

犬を家において仕事の最中に、ふと「いまどうしてるかな?」と気になることもあるでしょう。

最近ではスマホで遠隔操作ができるペットカメラを使い、部屋の様子をチェックすることもできます。

中にはスマホで声を聴かせることもできるという自動給餌器もありますよ。(関連記事→カリカリマシーンSP
自動給餌器

急な残業予期せぬ自然災害などで帰宅が遅れそうなときに活躍しそうですね。

部屋について

留守中、犬をケージにいれたままにする飼い主さんもいますが、やはりできるだけ自由にさせてあげたいもの。

犬の安全のために、家具は低いものにしたり、キッチンなど入ってほしくないところには仕切りをする、電気コード類を届かないところに配置するなど工夫が必要です。

また床に落ちているアクセサリーなどを犬が間違って食べてしまったら大変です。

誤飲誤食防止のために、犬のスペースには小物や紐類など食べてしまいそうなものを置かないようにし、また落とさないように注意しましょう。(関連記事→犬が食べて死ぬものは人間の食べ物が多い!甘い習慣が中毒で即死を招くことに

夏場の気温管理

留守中の部屋の室温ですが、犬の過ごしやすい温度に保つ必要があります

特に夏場の気温が上昇する時期などは、光熱費がかかったとしてもエアコンをつけたままにして熱中症対策をしてあげましょう。

飼い主の体調が悪いときは?

もし、一人暮らし中の飼い主さんが急な体調不良になったとき、起き上がれないぐらい辛くても犬にはご飯をあげなければなりません。

「そんなときでも犬のため本当に頑張れるだろうか」と飼うことに不安に感じて自問自答している人も多いのではないでしょうか。

でも大丈夫です。愛犬のためなら飼い主さんは体調が悪くても頑張れますよ!

できるうちに「先に用意しておいてあげる」というのも一つの手段かもしれません。

犬を飼っても旅行に行ける?

犬を飼ったら旅行など「長期で家を空けることができなくなった」という話はよく聞きますね。友人などから旅行のお誘いが来た時のことを考えると少し不安になりますよね。

出張や旅行などで長く家を空けるときは自動給餌器よりも親族やペットホテルに預けると安心ですね。

また最近では犬宿泊OKのホテルも増えています。そういった宿泊施設を選べば、一緒に連れていくこともできますよ

一人暮らしにおすすめの犬種は

一人暮らしにおすすめの犬は運動量が控えめで毛抜けも少ない小型犬

一人暮らしで犬を飼うなら飼いやすい犬種を選ぶことも大切です。生活環境や運動量の確保など飼い主さんの状況を考えた上で最適なパートナーを考えてみるのも良いと思います。

一人暮らしで飼う場合に人気がある犬、おすすめなのはどのような犬種でしょうか。

一人暮らしで飼いやすいのは大型犬より小型犬

運動量を多く必要とする大型犬の場合、十分なスペースのある部屋で飼うこと、毎日散歩に連れて行き適度な運動をさせることなどが必要です。

一人暮らしで犬を飼うなら、比較的運動量が少なく、広い生活スペースを必要としない小型犬がおすすめです。

犬種にもよりますが、性格が穏やかでしつけがしやすい吠えにくいタイプの犬が人気のようです。

お手入れが楽な犬種

抜け毛が少なく、トリミングの回数が少なくてすむ犬種は、お手入れにかかる時間が短いのでおすすめです。

とはいえ、定期的にブラッシングやシャンプーなどはしてあげましょう。

まとめ

一人暮らしで犬を飼うのなら、しつけや毎日のお世話は大変かもしれません。

生き物を育てるのですから覚悟や経済力も必要です。

でも誰もいない真っ暗な部屋に帰るのではなく、家族である犬が待っていてくれる生活は、とても魅力的と思いませんか?

仕事で疲れて帰ってきたときに犬が出迎えてくれたら、きっと最高の癒しになるのはずです。

-暮らし
-, , , ,

© 2020 犬の知恵袋

愛犬が全然言うこと聞いてくれない...
しつけの解決方法はこちら
思うようにしつけができない...
月1,000円以下でできる解決法