健康の問題

暑い夏の夜に犬が寝る場所を快適にする方法

  1. TOP >
  2. 健康の問題 >

暑い夏の夜に犬が寝る場所を快適にする方法

気温が30度を超える夏は、犬が熱中症にならないか心配になります。特に夜です。

以前、夜中に犬の寝ている様子を見にいくと、犬が舌を出して暑そうにしていることがありました。冷房をつけてあげようと思ったのですが、ずっと冷房をつけっぱなしにしておくのも、冷え過ぎてしまうのではないかと不安になりました。どうしたら犬が快適に夜を過ごせるか悩んだときに解決した方法を紹介します。

夏の夜に犬が快適に寝られるようにする方法

犬は寝る場所を選びたい

解決方法は、冷房をつける+犬が寝る場所を選べるようにすることです。ポイントは、寝床に寒暖差をつけることです。

まず犬が寝ているゲージの中に、冷えた身体を温められる場所を作ります。使うものはドーム型のベッドです。上下左右が囲まれているものなら、どんなものでも良いです。入り口が狭いベッドにして、暖かい空気が中に溜まるようにします。そして、ゲージ全体に布をかぶせ暗くします。暗くすることで犬が安心して眠れるという意味もありますが、布をかぶせないと、上からの冷気が全てゲージの中に流れ込んでしまうのであった方が良いです。

次に、犬が寝ているゲージの外に、暑い身体を冷やす場所を作ります。使うものは、100円ショップで購入したワイヤーネットです。それを4~5枚程繋げてゲージの入り口に繋げるようにし、部屋を少し拡張します。広げた場所には、薄いタオルやクッション、熱帯夜が予想される日には、トレーの上に凍らせたペットボトルを置くなど、自分で涼むことが出来る場所を作ってあげます。また、扇風機が当たるようにつけてあげるのも良いと思います。

この2つの寝床を作ってあげることで、犬が寒いときも暑いときも寝る場所を選べるようになり、どんな気温でも対応できるようになります。私の犬は、ゲージの中で寝ていたり、ゲージの外で寝ていたり、その間で寝ていたり、自分で好きなところに移動しています。

夏の夜に犬が熱中症になる原因

暑さで弱る犬

一つ目は、人間と犬が感じる温度に差があるからです。犬の平熱は人間よりも高いので、体感温度も異なります。人間は、洋服で体温を調整することが出来ますが、犬はいつも毛皮をまとっているようなものなので、人間が涼しいと感じていても、暑いと感じている可能性があります。

二つ目は、犬と同じ部屋で寝ていないからです。夜、私は犬と別の部屋で寝ているので、その部屋の夜の気温がどれくらいなのか知りませんでした。部屋が上にあるのか、下にあるのか、家のどの位置に部屋があるのか、どこに窓があるのか等で冷房の設定温度は変わってきます。

一度は犬が寝ている部屋で一緒に寝てみると、温度の設定もしやすくなると思います。

見落としがちな犬の暑さ対策

熱中症になりやすい犬の種類

一つ目は、もともと毛が多い犬種の場合です。やはり毛が多ければ犬も暑いと感じるので、毛がふさふさな犬種は特に暑さ対策をする必要があります。美容院などにいくと、サマーカットで毛をスッキリさせることもできるので、試してみても良いと思います。

二つ目は、温度計を棚の上に設置している場合です。今は時計に湿度や気温が表示されますが、普段は人間が見やすいように上の方においてあります。しかし、犬は部屋の下の方で行動しています。そのため、犬の高さに合わせて温度計を置かないと、犬目線の気温がわからないので、人間には適温でも犬が暑いと感じていることがあります。

犬が夜鳴きするのはなぜ?
子犬の反抗期に夜鳴きに困った時の解決法

気づきにくい犬の熱中症

暑がる犬の様子

犬の熱中症はとても気づきにくいので、知らず知らずのうちに重症化しやすいものです。今回も、夜中に様子を見に行ったから気づけたものの、行かなかったら重症化していた可能性があると反省しています。

犬に熱中症対策で水を飲めといっても飲んでくれるわけではないので、部屋の温度設定がかなり重要になると思いました。

私の家は、夏になると熱がこもりやすくなるので特に注意しています。犬が涼しいように部屋の温度を合わせると、とても寒く感じるのですが、自分は洋服を重ね着するなどして、人間が犬に合わせる事が大切です。

人間目線の部屋の温度と犬目線の部屋の温度がわかるように、温度計を二つ設置して、犬が快適に過ごせるように工夫することが必要になります。

暑い夜に犬が寝る場所の暑さ対策のまとめ

暑い夏にはアイスでひんやり

今回は、犬が夜快適に過ごすための部屋作りを紹介しました。飼い主が見てあげられない時間は、犬が自分で場所を選べるようにするということが大切だと思います。

部屋の温度設定は非常に難しいので、季節が変わるごとに一度は犬と同じ部屋で寝てみて、温度変化を確認しておくと安心です。犬がどこに寝ているかで、暑いのか寒いのかが飼い主の目から見えるようになるので、この環境作りは犬の体調管理にも役立ちます。

部屋の温度も重要ですが、やはり脱水症状にならないように水を飲ませることも大切です。犬は新しくて冷たい水が大好きなので、普段からこまめに水に取り換えてあげるようにしましょう。また、少しでも犬の体調がおかしいなと感じたら、動物救急やかかりつけの獣医にすぐに電話し相談して下さい。

ドッグフードランキングの統計調査結果の記事です
ドッグフードランキングで20サイトが紹介したドッグフードとは

-健康の問題
-, , , , , ,

© 2020 犬の知恵袋

愛犬が全然言うこと聞いてくれない...
しつけの解決方法はこちら
思うようにしつけができない...
月1,000円以下でできる解決法